So-net無料ブログ作成

海外旅行のためのiOSデバイスの設定 空港などで [エレクトロニクス]





海外旅行でiPhoneやiPod,iPadに設定しておいたほうがいいことをまとめました。
渡航直前に空港や機内などでする設定です。

渡航数日前からの設定はこちら。

海外旅行のためのiOSの設定 渡航数日前〜
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-14


前提として「渡航先ではWi-Fiモバイルルータを利用して、緊急事以外はWi-Fiでインターネット接続をする」「iPhoneはSoftBank契約端末」です。

(日本でレンタルしてフランスで使ったWi-Fiモバイルルータ)
 




 
こんなことに気をつけて設定しました


 ・紛失・盗難に備えてセキュリティを高める

 ・携帯電話の思わぬ高額請求を防ぐ

 ・旅先でバッテリーをなるべく使わない





[準備]
iOSデバイスをバックアップします。





[設定アプリ]
iOS 7.1



 
メッセージ

Wi-Fi(インターネット)に接続できていないときに、誤ってSMS/MMS(携帯電話回線網)で送信することを防ぎます。


 ■ 「SMSで送信」をオフ
 ■ 「MMS」メッセージをオフ
 




 
通知センター


バッテリーの無駄な消費やインターネット接続時の負担を軽減することができます
設定>通知センター>一番下の「緊急速報」

 ■ 緊急速報をOFF
 




 
iCloud


 ■ 設定>iCloud>写真>「自分のフォトストリーム」と「写真の共有」をオフ

 自分のフォトストリーム:フォトストリームをオフにすると、お使いのiPhoneから共有されているフォトストリームの写真は全て削除されます
 

 共有フォトストリーム:共有フォトストリームをオフにすると、共有されている全ての写真がiPhoneから削除されます
 


 ■ 「書類とデータ」をオフ
 

 注. 航空会社によってはチェックイン後のボーディングパス(搭乗券)をPassbookに保存することがあります。「書類とデータ」をオフにするとPassbookへの保存ができなくなりますのでこの場合はオンにします。




 ■ 「iPhoneを探す」をオン
 注.  iPhoneを紛失した時は他のデバイスから遠隔操作しますので自分のApple IDとパスワードは必ず(iPhoneが無くてもわかるところに)メモしておきます。
 





これ以降は契約しているキャリアの仕様に依存する部分です。
docomo, auなどはこのSoftBankの例が適用できないかもしれません。


 
モバイルデータ通信

以下1~2で海外でのデータローミングも国内でのモバイルデータ通信もできなくなります。
電話/SMSは可能です。

 1. 操作ミスなどを防ぐため念のために「4Gをオンにする」をオフ、「データローミング」をオフ
 

 2. 「モバイルデータ通信」をオフ
 




 
Wi-Fi

Wi-Fi経由のFaceTime(オーディオ)、iMessage, Skype, Googleハングアウト、Webブラウズなどが可能になります。

 ■ 「Wi-Fi」オン
 




 
機内モード

飛行機に搭乗したら機内モードをオンにします。
通話もSMSもできなくなります。
 





【関連記事】

海外旅行のためのiPhone設定 [使い過ぎを防ぐSoftBankの設定編]
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-08

海外旅行に便利なiOSアプリ10選
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-10

海外旅行のためのiOSの設定 渡航数日前〜
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-14

海外旅行のためのiOSデバイスの設定 渡航後
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-20


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0