So-net無料ブログ作成

Mac Mojave Time Machine から丸ごと復元 [図解] [エレクトロニクス]

 

Safari を13にアップデートしたら機能拡張が削除されて使いにくくなったので、Time Machine で Safari アップデート前の状態にシステムとデータを丸ごと復元しました。
Time Machine が読み書き80MB/sのUSB3.0外付けHDDなので遅く、全体で2時間かかりました。

 

 環境

・MacBook Pro Retina 15inch Mid2018, macOS Mojave 10.14.6

参考ページ;
バックアップから Mac を復元する
https://support.apple.com/ja-jp/HT203981





 手順

1 外付けHDDをMacに物理的に接続して、Command + R キーで「macOS 復元」から起動する
「macOS 復元について」
https://support.apple.com/ja-jp/HT201314
「Time Machine バックアップから復元」を選択して「続ける」ボタン


2 「重要な情報」をよく読み「続ける」ボタン
 *復元するボリュームは消去されます


3 復元元(外付けHDD)を選択して「続ける」ボタン


4 いつのバックアップから復元するのかをリストから選択して「続ける」ボタン


5 インストール先(復元先)のボリュームを選択して「続ける」ボタン


6 復元先はすべて消去されることを確認して「ディスクを消去」ボタン


7 FileVault暗号化なんてしていないのにこの画面になりました。「OK」ボタン


8 復元中の画面




9 復元が終わって再起動している画面




10 ログイン画面になりました


11 ログイン後の Apple ID のサインイン

パスワードを控えてなかった場合は、「後で設定」をクリック

12 Touch ID の指紋登録




13 Apple Pay の登録

不要な場合は、「後で設定」をクリック

14 メールAppはメッセージを読み込んでいるようです。数分で終わりました。



2時間もかかるのは大変なので、近いうちにTime MachineをSSDに変更したいと思います。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。